腰痛の種類

腰痛の種類


レ点腰痛症
骨や椎間板・神経などに異常が見つからない腰痛を「腰痛症」と言います。姿勢が悪い事からの筋肉疲労による「姿勢性腰痛」や「疲労性腰痛」とも呼ばれます。実は腰痛の8割が腰部の筋肉疲労や姿勢の悪さから来ていると考えられており、自分で腰部の疲労を改善したり、姿勢の悪さを矯正したりする事で腰痛を改善してゆけるとされています。

レ点ギックリ腰
不用意な動作、物を持ち上げる時などに腰痛になる事を言い、「腰椎ねんざ」「急性腰痛」とも言われます。筋肉に急な収縮が起こり、腰に急激な痛みが発生し歩けなくなる場合もあります。

レ点椎間板ヘルニア
腰椎の椎間板が飛び出し、神経を圧迫して痛みが出ます。腰より足にしびれや痛みが出る傾向があり、坐骨神経痛が原因で腰から太もも、ふくらはぎ、足の裏などに痛みやしびれが出る方は椎間板ヘルニアから坐骨神経痛になっている可能性があります。

レ点変形性脊椎症
加齢による背骨の老化現象で、背骨を構成する「椎体」が加齢により老化し、骨の高さが低くなります。すると背骨も曲がり、結果的に背も低くなる過程で筋肉疲労があったり、椎体の端に「骨棘」(こつきょく)というトゲのような突起が現れ、周囲に刺激を与え痛みが生じる場合があります。

レ点腰椎変性すべり症
腰椎を構成する椎体がずれてしまう事で、悪い姿勢を長期間続けていたり、過度の肥満で腰椎に負担が積み重なる事が原因です。また、激しいスポーツなどで大きな負担が何度も腰椎にかかると「腰椎分離すべり症」にも。動くたび腰や足が痛んだりしびれを感じる場合は腰椎がズレているサインかも知れません。

レ点脊柱管狭窄症
脊柱管が狭くなり背骨の中を通る神経を圧迫してしびれや痛みを生じる病気で、加齢により脊柱管が狭くなるケースが多く、腰から膝の裏にかけてしびれや痛みを感じる事があり、腰を後ろにそらすと脊柱管が狭くなり痛みが増し、腰を丸め前かがみになると脊柱管が拡がり痛みが和らぐ傾向にあります。

レ点脊椎腫瘍
血管腫、骨髄腫、癌腫などは背骨にも出来る可能性があり、腰の重さ・だるさ・痛みやしびれ感があります。

レ点脊髄神経腫瘍
脊柱管の中を通る神経に出来る腫瘍で、腫瘍が大きくなるにつれ痛みやしびれが強くなります。手術で腫瘍を摘出するのが一般的です。

レ点脊椎カリエス
結核箘が脊椎に感染する事で、前かがみの姿勢がとりにくい、体を動かすと痛みが生じる、足が麻痺するなどの症状があらわれます。近年結核が拡がる傾向があり、昔の病気とは言い切れないでしょう。

レ点椎間板炎
細菌が血液により運ばれ、椎間板に感染する事で起こる病気です。椎間板炎だけではなく椎体炎もあり、発熱と腰の痛みが症状として挙げられます。抗生物質などの薬物療法・症状が重い場合には手術での病巣摘出なども必要となります。
腰痛/膝痛対策
腰やひざの痛みを軽減する

トップページへ戻る

▲ページ最上部へ